カナガシラ(金頭)の秘密すべてご紹介!基礎知識からおもしろ雑学までやさしく解説

おはようございます。

カナガシラによく似た魚、「カナガシラ」。
姿カタチはよく似ていますが、カナガシラよりやや小さく安値で流通しています。
カナガシラは綺麗な白身で美味しい魚で、カナガシラに引けを取らない味わいです。

基礎知識からおもしろ雑学まで、今日はカナガシラの秘密すべてご紹介します。

カナガシラ(金頭)の基本情報

カナガシラ

カナガシラ(金頭)の種類・寿命

カナガシラは顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カサゴ亜目カナガシラ科カナガシラ属に属します。
カナガシラのなかまには、「イゴダカホデリ」「オニカナガシラ」「カナド」「ソコカナガシラ」「トゲカナガシラ」「ヒレナガカナガシラ」などがいます。

カナガシラは3歳で成魚となり、メスのほうが大きくなります。
カナガシラの寿命は10年ほどです。

カナガシラ(金頭)の生態・食性

カナガシラは北海道から九州までの各地に分布しており、水深40メートルから340メートルまでの海域の砂泥地に生息しています。
カナガシラは3本の脚のような腹ビレを使い移動し、エビなどの甲殻類を食べて生活しています。

またカナガシラの産卵期は3月から5月です。

カナガシラ(金頭)の特徴と代表産地

外見 全長は30センチ程度
体形は紡錘形で細長い
体色は赤い
頭が硬い骨で包まれている
頭は四角形で大きい
胴は尻すぼみの円錐形
胸ビレが異様に大きい
腹ビレの3本が脚になっている
上質な白身魚
透明感のある味わい
旨みがつよい
肝が美味しい
熱しても硬くならない
10月~2月
漁方 底曵網
定置網
産地 全国各地

カナガシラ(金頭)の由来の秘密

カナガシラ(金頭)の由来

カナガシラの頭が大きく、金槌によく似ていることから、「カナガシラ」と呼ばれた。
頭が大きく、形が金槌に似ていることが名前の由来です。

カナガシラ(金頭)を漢字で書くと「金頭」

カナガシラを漢字で書くと「金頭」です。
カナガシラは頭が骨に覆われて硬く、金槌に似た魚ということからです。

カナガシラ(金頭)を英語で書くと「Redwing searobin」

カナガシラを英語で書くと「Bluefin searobin」です。
「Redwing」は赤い羽根という意味で、カナガシラの大きな胸ビレをさします。
「Searobin」は海のコマドリを意味し、カナガシラが鳴くことからです。

カナガシラ(金頭)の栄養

カナガシラは淡泊な白身魚で、ヘルシーな食材です。
どのような栄養があるかまとめました。

・DHA(脳細胞の活性化や脳の発達に働きかける)
・EPA(血液をサラサラにし、中性脂肪を下げる)
・タンパク質(筋肉細胞の維持、免疫力高上)
・鉄分(貧血の防止)
・ビタミンA(皮膚や粘膜を正常に保つ)
・ビタミンB群(神経の機能の正常化)
・ビタミンD(カルシウムの吸収を促進)
・ビタミンE(抗酸化作用)
・タンパク質(筋肉細胞の維持、免疫力高上)
・パントテン酸(糖質、脂質の代謝を促す)
・葉酸(細胞の生まれ変わりを助ける働き)
・リン(歯や骨を丈夫にする)
・ナイアシン(血行促進、冷え性改善)
・マグネシウム(カラダの代謝を促す)
・カルシウム(骨を強くし骨粗鬆症を予防)
・カリウム(細胞内の浸透圧を調整、むくみ防止)

カナガシラ(金頭)の5つの目利きポイント!

カナガシラにも個体差は必ずあります。一人ひとりみんな個性があるように カナガシラにも個性があります。下記をご参考にわたし好みのMy カナガシラを是非見つけてください。

1.腹が硬い
2.目が澄んでいる
3.エラが鮮やかな紅色
4.体色が鮮やかな赤
5.カラダに潤いがある

よくわからない!という方ご来店ください。店主が詳しく解説します。
いつもと違う見方をすると魚選びがとっても楽しくなります。

カナガシラ(金頭)のおもしろ情報

カナガシラ(金頭)の地方名

カナガシラ(金頭)は地域によりユニークな名前で呼ばれています。

・カナ:東京都
・ガランド:三重県、和歌山県
・バチ:京都府
・カナンド:大阪府、兵庫県、愛媛県
・キントウ:宮城県、福島県
・ハナガシラ:富山県
・ガンゾ:富山県
・メンボ:山口県
・ガッツ:島根県、長崎県
・ゴウジ:愛知県
・イジミ:新潟県
・ガシラ:福岡県
・ギス:福島県、千葉県
・キス:茨城県
・ゴステン:長崎県
・スジホデリ:長崎県
・マルガッツ:長崎県
・キントン:青森県
・ニンベン:青森県
・ギミ:青森県
・ダンカ:青森県
・ススボ:青森県
・アカホウボウ:静岡県
・カナドウ:静岡県、島根県
・カナドオ:静岡県、島根県
・ガラ:高知県
・キヌカナガシラ:長崎県
・キミヨ:秋田県
・カナド:山形県
・キント:福島県
・シシッポ:石川県

カナガシラ(金頭)のまとめ

カナガシラは綺麗な白身で、繊細な味わいのある魚です。
刺身はもちろん、煮ても焼いてもとても美味しく食べることができます。
ホウボウと比較すると知名度が低く、安価で取引されています。
比較的小型の魚のため、姿煮にも向いています。
興味のある方は、ぜひお問合せください。

きのした生魚店には個性あふれる鮮魚が揃っています。

今日もいい一日になりますように。

Follow me!